この記事は約 2 分で読めます。

大阪は関西でも観光地が多く、

人も面白いことから人気です。

 

関西内でも観光すると

お土産を買って帰る方が多いようです。

 

そこでネタのような

お土産は個人の好み、センスですが、

「大阪王道の人気お土産」

は買って帰りたいですよね?

そこで今回は2019年任期の

大阪の食べ物お土産

ベスト5を紹介したいと思います。

2019年「大阪食べ物お土産」ランキングTop4~5!

5位:じゃがりこ たこ焼き味(カルビー)

おなじみの「じゃがりこ」に

たこ焼き味を付けた

カリ・サク感のある

お菓子に仕上がっています。

 

じゃがりこは

今やトップクラスの人気お菓子で

その大阪限定味は不動の人気商品です。

 

価格は1箱864円で、

帰りの飛行機や新幹線内で

つまむのにもうってつけですね。

 

4位:フルーツ大福(一心堂)

最近どんどん話題になっている

フルーツ大福。

 

フルーツ本来の味わいを活かした

数々のスィーツがある中、

このフルーツ大福は厳選されたフルーツを

そのまま大福餅の

薄皮でくるんだスィーツになります。

 

定番のいちご大福以外にも

通年販売されているのが、

キウイ、マスクメロン、パイナップル

があります。

 

期間限定でスイカなどもあるので

四季でも楽しめるお土産ですね。

 

価格は1個300円前後ですが、

フルーツ自体の価格変動に

合わせて変動します。

 

本店である大阪北部のお店は

狭い生活道路沿いにあり、

引きも切らないお客さんが

来訪するお店になっています。

2019年「大阪食べ物お土産」ランキングTop3!

3位:醤油味たこ焼き(たこ昌)

大阪と言えば、

「粉モン文化」とまで称せられる

「たこ焼き」「お好み焼き」

が最も有名です。

 

その中で、たこ焼きは出来立てしか

美味しくなかったのですが、

この「たこ昌」がお土産は

美味しいと話題なんです。

 

たこ昌の特徴は

大阪では「ソース味」のたこ焼きが多い中、

醤油味と言うのも人気の理由です。

 

関西ローカルCMでも

「大阪出るとき連れてって~」

というオモシロCMで

非常に人気があります。

 

価格は14個入り1,080円になります。

 

2位:551の豚まん(551蓬莱)

これもまた、

大阪庶民の味と言っても

良いお土産になります。

 

大阪駅・新大阪駅に店舗があり、

いずれも長蛇の列をなして

その人気の高さに驚かされます。

 

関西ローカルCMではいわゆる

「コテコテ」の大阪CMで知られています。

 

大阪のお土産としては

一位と言ってもいいのかも

知れないほどですが、

肉まんは冬に売れる傾向が強いので

年間を通してという意味で

2位になっています。

 

価格は4個入り680円です。

 

1位:ひとくち餃子(点天)

大阪の地元でも愛されている

点天の餃子。

 

普通と違うのは

その大きさと味わいにあります。

 

サイズ的にちょうど口の中に

ポンッと入る大きさで、

とても食感が良い餃子です。

 

また、

味わいも深く、高知県産の豚肉を

主原料にしていることもあり、

おつまみ、おかずとしてもお土産最適品です。

 

価格は30個入り1,429円です。

 

どうでしたか?

大阪の食文化を堪能するお土産は

大阪の庶民も愛するものが多く、

お土産用と言うまでも無く

人気が高いものをあげました。

 

食べたことないものがあれば、

一度試してみて

損はないものばかりなので

チェックしておきて下さいね。
 

◇関連記事

この記事を書いた人

サービスレンジャー
サービスレンジャー
サービスエリアを活性化させる為にやってきたピンクのサービスレンジャー!皆さんがより楽しいの旅ができるよう日々調査しています。