この記事は約 2 分で読めます。

日差しの眩しい時、

使用をしたいのが

「偏光サングラス」です。

 

今ではファッションアイテムとしても

欠かせないものになっていますが、

元々は目の負担を

軽減する為に作られました。

 

カッコいい男性やクールな女性は

運転中にサングラスを

している方も多いですが、

その危険性や違法性はどうでしょうか?

では、見ていきましょう!

「偏光サングラス」の運転は違法?

偏光サングラスを使用しながら

車の運転をすることは

「道路交通法に違反している」

と言う方も多いそうです。

 

しかし、

これはとんでもない勘違いで

そのようなことはありません。

 

逆に偏光サングラスを使用して、

車の運転をした方が、

目の疲れが少なくて済む

とも言われています。

 

何でこんなことが

言われる人が出るようになったのか、

その危険性を見てみましょう。

「偏光サングラス」の運転は危険?


 
晴れの日の運転は眩しく

目の負担も大きいた為、

・疲れ

・眠くなる

という症状がおきます。

 

これを軽減してくれるのが

「偏光サングラス」です。

 

しかし、実は偏光サングラス

の運転には一つ危険性が。

 

それは

「夜の運転は危険」

ということです。

夜は日の光が眩しいという事も無いので

使用する必要も無いと思いますが。

 

夜だと視界が暗くなってしまい、

人などの見落としを

しやすくなってしまいます。

 

ただ、

「夜間運転」

「ナイトドライビング」

などの表示されている

偏光サングラスなら全く問題ありません。

「種類別サングラス」の運転の危険は?

サングラスのレンズの種類には

主に3種類があります。

 

これにより運転の危険性は違います。

 

①色付きレンズ

レンズに着色を行い、

光を暗くさせたレンズです。

 

価格がサングラスの中でも安価で、

特にメンテナンスも必要ありません。

 

しかし、

目にかかる負担が大きく、

光を取り入れようと

瞳孔が開いてしまう為

運転には逆効果とも言われているので

気をつけましょう。

 

②調光レンズ

紫外線の量により

色の濃さが変化するので、

一日を通して

使用することができるレンズです。

 

紫外線を99%カットしてくれるのですが、

経年劣化で徐々に

色が変色しにくくなります。

 

また、

レンズの色の変化に時間がかかる為、

トンネルに入ると

瞬時に適応することができず、

運転には適さないレンズと言えます。

 

③偏光レンズ

偏光膜という特殊なフィルムを使用し、

光を一定方向のみに

通過させるような加工がされています。

 

そのため、

自然光を通し反射光のみをカットされ、

釣りやゴルフなどのアウトドアにも

最適と言われています。

 

最初に言った通り

車の運転に向いおり、

・雨上がりの停止線

・センターライン

の見やすさも評価されています。

 

ただ、

液晶画面が見にくくなりますので、

運転中のカーナビなどは

見づらくなってしまう点が

デメリットでしょう。

 

偏光サングラスはサングラスの中では

高価なものと言えますが、

それだけの価値は十分にあります。

 

安全運手は車を運転する人の基本です。

 

目の疲れで事故を起こす前に

検討してみましょう。
 

◇関連記事

この記事を書いた人

サービスレンジャー
サービスレンジャー
サービスエリアを活性化させる為にやってきたピンクのサービスレンジャー!皆さんがより楽しいの旅ができるよう日々調査しています。