この記事は約 3 分で読めます。

神奈川県横浜市にあるJR横浜駅では、

数多くのお店が軒を並べて

「駅中ショッピング」が盛んに

行われる場所として有名です。
 

そういうこともあり、

駅中店舗ではお客様争奪戦の

激戦区になっているので、

人気スイーツ店も続々参戦しています。
 

そこで今回は横浜駅の

人気の「スイーツお土産」

を紹介したいと思います。

横浜駅の人気「スイーツお土産」まとめ!

横浜駅で販売されている

人気のスイーツ5選を紹介していきます。
 
①スイーツの王道

「マーロウのビーカープリン」
 

 
同じ神奈川県の湘南葉山で

作られた天然バニラビーンズを

使用した絶品のプリンです。
 

天然バニラビーンズを使用しているだけあって

香り豊かなプリンに仕上がっています。
 

ビーカーの底に沈んでいるカラメルは、

砂糖を実際に焦がして作られているので

ほろ苦さがなんとも

絶妙な味わいがあります。
 

横浜駅のお土産スイーツ

としては最適です。
 

◇「マーロウのビーカープリン」値段

 
②中華料理の代表スイーツ

「重慶飯店の番餅」
 

 
次に、横浜と言えば中華街ですが、

中華料理ではスイーツも外せません。
 

この番餅の中には、豆沙餡が入っていて

表面コートがローストした

胡桃(クルミ)を一面に乗せています。
 

口に入れた触感が非常に良く、

また味わいが上品なので

食べていて飽きない味が

実現されています。
 

その人気もあって、

このお土産スイーツは

そごう横浜店や横浜高島屋でも

販売されていて人気を博しています。
 

◇重慶飯店の番餅の値段

 
③昔懐かしい味わい

「豊島屋の鳩サブレー」
 

 
触感が懐かしさを感じさせ、

口の中でホロホロと崩れ溶けるような

感じは昔食べた時と変わりなく、

今もおいしい逸品となっています。
 

鳩サブレーの一番は

その香ばしいバター風味で

これも皆に喜ばれます。
 

◇豊島屋の鳩サブレー

④上品さを含む洋菓子

「ありあけハーバー」
 

 
横浜のお土産には定番と言って

よいお土産で、ひとくち口に入れると

その柔らかな食感には驚きます。
 

中身の栗餡は甘すぎない上品なもので、

食べやすく仕上がっています。
 

栗自体の食感や風味も残していて、

晩夏から初冬にかけての

お土産には季節感も伴い

良いのではないでしょうか。
 

⑤歯ごたえしっかりお土産

「霧笛楼の横濱仏蘭西瓦」
 

 
ネーミングからしてロマンティックな

感じを受けます。
 

スイーツ自体の中身には、

スライスされたアーモンドと

キャラメルが目いっぱい詰められています。
 

そのため、

それらの歯ごたえある食感を楽しめ、

「瓦」とあるように

シッカリと味わえる

スイーツになっています。
 

⑥本格洋菓子店

「ピエールマルコリーニの洋菓子」
 

 
本格ベルギーチョコが味わえる

ショコラ専門点。
 

専門というだけの品質重視の銘菓が並び

お土産としては一級品

間違いなしのおすすめ店舗です。

ピエールマルコリーニ公式HP
 

⑦厳選イチゴと本格チョコの融合

「オードリー:グレイシア」
 

 
日本各地より厳選されたイチゴと

世界のチョコレートを組み合えわせた

高級スイーツです。
 

最高級の組み合わせを一度味わって見て下さい。
 

◇グレイシア(チョコレート)

5個 715円(税抜)
 

横浜駅は横浜市の最大駅であり、

JR、私鉄合わせて6社もの

鉄道会社が乗り入れている駅です。
 

これからも様々な有名店が

入ってくるはずです。
 

適当なお土産を買うのではなく、

人気スイーツを選んでみては

いかがでしょうか? 
 

◇関連記事

この記事を書いた人

サービスレンジャー
サービスレンジャー
サービスエリアを活性化させる為にやってきたピンクのサービスレンジャー!皆さんがより楽しいの旅ができるよう日々調査しています。