この記事は約 3 分で読めます。

車を購入する場合、

どのような条件を持って選んでいますか?
 

メーカーや種類、

車の外装・内装のデザイン、乗り心地、

ガソリンの種類等、

人によって様々であると思います。
 

中には、遠出することが多い為、

高速を運転していて疲れない車を選びたいと

思っている方も多いのではないでしょうか。
 

では、疲れない車を選ぶには

どのような車が良いのでしょうか?
 

ここでは「疲れない」と言われている車

をタイプ別で紹介していきます。

スポンサーリンク

渋滞しても疲れない車の8選!

渋滞時に疲れる車、疲れない車

必ずあります。
 

ここでは、渋滞時に疲れない車の

特徴を踏まえて紹介していきます。
 

①エンジン音が静かな車

トヨタ「プリウス」
 

 
軽自動車やスポーツカー等のように

エンジン音がうるさい車は疲れやすいです。
 

清音性に優れた車、例えば

  • プリウス
  • アクア
  • リーフ

がおすすめです。

エンジン音が大きいと車全体が振動で

縦方向に揺れる為、

体に負担がかかってくるのです。
 

体が揺られている状態が続けば、

必然的に体にストレスがかかってきますね。
 

②エンジンブレーキが良く効く車

トヨタ「86」
 

 
アクセルを離した時に、

ブレーキを踏まなくても即座に

減速する車は運転をしていて楽です。
 

  • フィアレディ
  • ロードスター
  • アテンザ

などMT車がおすすめです。
 

アクセルの踏み加減だけで車間を

コントロール出来る為、

ストレスがかかりにくく

楽しくドライブするのが一番です。
 

③排気量が多い車

トヨタ「ランドクルーザー」
 

 
アクセルを深く踏み込まなくても、

軽く踏み込むだけで車を

動かすことが出来ます。
 

  • ハリアー
  • レクサス
  • スカイライン

などが有名で軽い踏み込みで容易に

進むことが出来れば楽ですね。
 

④車体本体の金額が高い車

最高級セダン「マジェスタ」
 

 
車体本体の金額が高い車は車の作りが違い、

質の良い部品が使用されています。
 

その為、車に安定性が生まれ

走行時の安定感が変わってきます。
 

例としては

  • マジェスタ
  • レクサスIS
  • フーガ HYBRID

などが有名です。
 

⑤シートが革素材である車

トヨタ「クラウン」
 

 
革素材のシートの場合、夏は暑く

冬は寒いというデメリットもありますが

疲れにくいというメリットがあります。
 

車種毎に別途で15~40万程度

費用が発生しますがオプションで

革シートに変更できる場合もあります。
 

⑥背が低い車

マツダ「ロードスター」
 

 
背の高い車は風に煽られやすく

ふらつきやすくなります。
 

逆に、背の低い車はその点が

あまりないので安定した

運転になりやすいです。
 

  • レガシィ
  • レヴォーグ
  • アコード

といった運転の楽しさを追求しつつ

アイサイトなどの安全性が高い

車もおすすめです。
 

⑦快適な移住空間をもつ車

トヨタ「アルファード」
 

 
車内空間の広い

  • アルファード
  • ヴェルファイア
  • エスティマ

といった車内で動きやすい

車種は狭い空間の中でも

ゆとりがあるので人気です。
 

このような車が疲れない車と

言われているようです。
 

⑧視界が広く動き運転疲れにくい車

マツダ「CX-5」
 

 
フロントガラスが広く

視野が広がる車はそれだけでも

運転手の余裕を高めます。

最近ではディーゼルやPHVといった

  • CX-5
  • フィット
  • プリウスPHV

など燃費にも優れた

車種がおすすめです。
 

しかし、数多くの車種がある為

自分で見つけるのはなかなか難しい方

も多いと思います。
 

その場合は販売員に相談をする

と良いですね。
 

スポンサーリンク

高速道路に入る前にやっておきたいメンテナンスは?

高速道路中に車に異常が見つかると

大事故に関わります。
 

しかし高速道路に入る前に

事前に確認できることはやって

少しでも事故のリスクを下げる方法を

紹介していきます。

 
①ウォッシャー液の補充やワイパーラバーの交換
 

ドライバーにとって視界は

命に係わる大切な情報です。
 

視界を明瞭にするためにも

今あるウォッシャー液の残量や

ワイパーラバーは良いものに

交換しておきましょう。
 

②タイヤの空気圧確認を忘れずに

車の足周りとして一番簡単に

確認できる「タイヤの空気圧」。
 

現在はガソリンスタンドに行けば

無料で空気調整をしてくれるため 

燃料補給と一緒に高速道路に入る前に

確認しましょう。
 

いかがでしたか?
 

また、長時間運転していれば

当然のことながら疲れは出てきます。
 

きちんと休憩を取ることも

忘れないようにしましょう。
 

高速を運転する機会の多い人は

ぜひ参考にしてみてくださいね。