この記事は約 3 分で読めます。

高速道路と一般道が比較されるのは

通行料金と目的地到着までの時間です。

 

それぞれに利点もあります。

・体力に不安があるから

お金を払って高速道路を使おう。

・下道を使ってゆっくりと

目的地まで行きたい。

・両方使う事で道が混んでいる場所を

避けて目的地まで行きたい。

高速一般道

人によって様々な考えがあります。

 

しかし、

実際はそのくらいの差があるのでしょうか?

比較してみました。

スポンサーリンク

高速と一般道のメリット比較!

まず、高速道路と一般道には

それぞれ良い点と悪い点が存在します。

比較

双方を比べてみましょう。

 

◇高速道路のメリット

目的地が遠ければ遠い程、

運転する時間は長くなります。

 

スピードに上限が

無いわけではありませんが、

速度を出せることで時間が短縮されます。

 

長時間の運転は心身共に疲れるので

回避するには高速道路を使う事が1番です。

 

◇一般道路のメリット

一般道路ではもし道に迷っても、

ぐるぐる回れば元の道に戻れたり、

行きたい所に辿りつきやすいです。

 

急いでいる場合を除いて、

気分は楽に運転できます。

 

また、

高速道路は山を整備して

道が出来ている所が多く、

景色に変化がありません。

 

それに対して一般道路の

周辺には店舗やオフィス、

様々な建物があったりと

景色がコロコロ変わります。

 

眠気が誘われる事は少ないのも

メリットですね。

 

では、

次にデメリットを比較してみましょう。
 

高速と一般道のデメリット比較!

◇高速道路のデメリット

まず当然、

かなり高額な料金がかかります。

 

また、

高速道路は信号も無く

進むスピードも速いですが、

お盆や年末年始などの長期休暇の時期は

利用するドライバーが多く

渋滞が起こりやすいです。

 

その為、

出かける際には

テレビやラジオなどで渋滞予測を見て

ある程度の覚悟をする必要があります。

 

さらに、

使い慣れていないと迷いそうになります。

 

高速をたまに利用するドライバーは

行き先表示を見ても

「上り?」「下り?」

「名古屋方面?」「大阪方面?」

自分が行きたい場所はどっちなのか

分からなくなる事があります。

 

◇一般道路のデメリット

一般道路は信号がたくさんあります。

 

赤信号の度に止まる必要があるので、

目的到着に要する時間は

高速道路よりも格段に長くなります。
 

高速と一般道の料金を比較!

【東京―名古屋】と【名古屋―大阪間】を

下記ルート例に分けて

料金と時間を比べていきます。
 

スポンサーリンク

東京―名古屋間の料金比較

◇高速ルート

東京―東京本線―御殿場JCT―

豊田東JCT―豊田JCT-名古屋

≪走行距離は315km程≫

 
◇一般道ルート

国道246→国道1→国道23

≪走行距離は335km程≫
 

高速道路はETCを使う事によって

料金が割り引かれるので、

料金は2種類あります。
 

これらのルートの料金は下記になります。

通常料金:7,090円

ETC利用:5,240円
 

さらに、

忘れてはいけないのがガソリン代です。

 

車を使うのですから燃料は必須です。

 

普通車で考えて

一般道での燃費:10Km/Lの車でも

高速での燃費:15Km/L程度に

燃費は変わります。
 

ガソリン代が150円/Lであれば

東京―名古屋間:3,150円

が目安となります。
 

名古屋―大阪間の料金比較

◇高速ルート例

名古屋―上社JCT-名古屋南JCT―

東海―飛島-四日市JCT-亀山JCT-

草津田上-草津JCT-瀬田東JCT-

久御山淀-大山崎JCT-豊中―大阪空港

≪走行距離は185km程≫
 

◇一般道ルート例

国道23号→国道25号→国道1号→国道307号

≪走行距離は200km程≫
 

一般道路は一本道ではなく、

迂回したり入り組んだ道を

走る事で走行距離が延びます。

 
こちらのルートの料金は

通常料金:6,130円

ETC利用:4,680円

 

ガソリン代:2,000円

となります。
 

つまり

高速道路(ETC)を利用した場合

東京―名古屋間:8,390円

名古屋―大阪間:6,680円
 

一般道路を利用した場合

高速道路を使わないので

のガソリン代として、

東京―名古屋間:5,000円

名古屋―大阪間:3,300円

必要です。
 

高速と一般道の時間を比較!

ドライバーの休憩や食事時間

を含まず運転時間のみで記載します。
 

◇高速道路を利用した場合

①東京―名古屋間:4~5時間

②名古屋―大阪間:2~3時間
 

◇一般道路を利用した場合

①東京―名古屋間:8~10時間

②名古屋―大阪間:4~6時間

一般道路で走る際、

高速道路の約2倍の

時間がかかると言われています。

 
一般道路の制限速度による影響、

休憩時間なども含めると

さらに時間が追加されるので

注意しておきましょう。

 

どの道を利用するかは

その時の体調や目的を総合的に

判断して決定してください。

 

ただし、

車の運転は“安全運転”をお忘れなく!

 

事故無く目的地に

到着する事が1番ですから。