この記事は約 2 分で読めます。

みなさんは高速道路を利用している際、

何かトラブルに

巻き込まれたことありますか?

 

高速道路を運転中、サービスエリアでの休憩

油断していると楽しい旅が台無しになります。

 
今回はそんなトラブルの中でも

起こりやすいトラブル6選

を紹介したいと思います。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

高速道路における嫌なトラブルランキング

高速道路でトラブルが起こると

パニックに陥りやすいと言われています。

 
トラブルといっても

事前に防げたものから

防ぎ様の無いものまで色々あります。

 

そんな中でも世間は嫌がるトラブルとして、

1位:渋滞
2位:巻き込まれ事故
3位:ガス欠
4位:盗難
5位:故障
6位:パンク

となっています。

 

では、

こちらの詳細や対策を述べていきたいと思います。

 

トラブルランキング6位:パンク

高速道路で実多いトラブルは

タイヤのパンクです。

 
これは長い間空気圧を調整していないや、

タイヤの溝が3ミリ以下の状態で

運転するとスリップやバーストしやすいです。

 

タイヤを交換するなど事前に

対処しておくと良いでしょう。

 
また、

走行中の異物によるパンクの場合は

大事故になりかねないため、

出来るだけ落ち着いて

安全な場所に停車するよう

心がけることが大切です。

→車がパンクした時の対処法は?

 

トラブルランキング5位:故障


エンジンなどの故障は

初心者にはとても困ります。

 
走行前点検で分かるものであれば

その時点で対処すれば良いのですが、

走行中いきなりボンネットから

煙が上がったり

エンジンが止まったりすることもあるため

霊性な対応が求められます。

→高速道路上で車が故障した時の対処法は?

 

トラブルランキング4位:盗難

サービスエリアなどの

盗難トラブルにも

注意をしなければなりません。

 
最近ではバイクのヘルメットや

ETCカードの盗難が増えています。

 

ヘルメットはなるべく持ち歩き、

ETCカードは出歩くときは

必ず抜き取るようにしましょう。

 

トラブルランキング3位:ガス欠

ガソリン切れ、いわゆるガス欠です。

 
これも走行前に満タンにしておき、

事前に給油所のある

サービスエリアを調べておくことが

必要でしょう。

 
なお高速道路には

約50キロおきにサービスエリアを

設けてありますが、

場所によっては

100キロ近くも離れた場所に

設置されているので気をつけましょう。

→高速道路上でガス欠した時の対処法は?

 

トラブルランキング2位:巻き込まれ事故

トラブルとして最も危険なのは

走行中に他の車の事故に

巻き込まれることです。

 
これこそありとあらゆる状況が

考えられますが、

とにかく人命を第一に考え、

我が身を安全な場所に避難することを

心がけなければなりません。

 
その上で事故を最小限に食い止めるよう

努力することが必要です。

→高速道路上で事故を起こした時の対処法は?

 

トラブルランキング1位:渋滞

渋滞は高速道路運転者にとって

最もイライラさせるトラブルと言えるでしょう。
 

長期連休やリフレッシュ工事など

渋滞が予測されるのであれば、

事前に回避する手立てもあると思います。

 
事故渋滞などでは、

タイミングよく近くの

インターチェンジで下りられたり、

サービスエリアで時間をつぶす事が

できない限りは待つしかありません。

 

そして渋滞中に一番困るのは

トイレなので携帯トイレを

準備しておくことが必要でしょう。

 

ちなみに上りと下りどちらの渋滞が多いか知っていますか?

→高速道路上で事故を起こした時の対処法は?