この記事は約 3 分で読めます。

100km/h近い車が行き交っている高速道路で

自動車が故障したらとゾッとしますよね。

 
しかし、自動車が故障して焦ってしまうと

交通事故の危険性が高まります。

 
そのため、自動車が故障した時は

冷静な対応が求められ、

前もって故障した時の対処法を

知っているだけで事故対応の心構えが

違ってくると思います。

 
いざという時、

自分や家族の身の安全のため

高速道路の自動車の故障の

対処法ついて覚えておきましょう。

 
→事故を起こした時の対処法記事

→エンストした時の対処法記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク

車の故障ランキングTop6

車の故障は必ず起こります。

 
中でも多いものの対処法を知っておくことで

トラブルを回避できるでしょう。

 
下記がランキングになります。

 
◇高速道路上で車が故障ランキングTop6

6位:オーバーヒート

5位:エアコン故障

4位:ワイパー故障

3位:インロック

2位:タイヤのパンク

1位:バッテリー上がり

 
今回は特にトラブルになりやすいTop3の

対策や対処法を紹介します。

 

ランキング3位の対処法は?

ランキング3位は

「インロック」

です。

 
インロックは車の中に

鍵を忘れることです。

 
対処法は

①ロードサービスに頼む

②スペアのキーで開ける

しかありません。

 
最近の車にはキーレスの

イモビライザーが搭載されています。

 
イモビライザーは

暗号化技術が際立つ防犯装置です。

 
どんな技術かと言うと、

車本体に登録されている

IDが一致してないとエンジンが掛からない

というシステムです。

 
これは複製しても

IDが一致することがほぼないため、

盗難、乗り逃げが激減しています。

 

ランキング2位の対処法は?

2番目に故障率の多いのは

「タイヤのパンク」

です。

 
スペアタイヤをつんである車なら良いですが、

そんな車は少ないです。

 
高速道路でのタイヤのパンクは

ロードサービスを呼ぶ以外手はないでしょう。

 
そうならないようにも

タイヤの溝チェックなどの定期点検をしてから

長期運転の旅へと出かける習慣をつけましょう。

 

ランキング1位の対処法は?

最も故障しやすいのは

「バッテリー上がり」

です。

 
この多くの原因は

①バッテリーの寿命が切れる

②ライトをつけっぱなし

等で起こります。

 
バッテリーが上がった時、

エンジンをかけると一時的に充電され

その日の運転程度なら

問題なく運転できるはずです。
 

しかしこの時、

そもそもエンジンがかかりません。

 
「ロードサービスを呼ぶしかない」

と思うかもしれませんが、

これは事前準備しておけば

自分で何とかできます。

 
バッテリーを簡単に自分で復活させれる

「ジャンプスターター」

というものがあります。

 
ジャンプスターターとは、

線を繋いでエンジンをかけるだけです。

 
とても簡単ですので、

持っておいて損はないでしょう。

 
高速道路でなくても、

誰かがバッテリー上がりした時

さらっと修理できるとカッコイイですよ!

 
また、

バッテリーの寿命に関しては

ガソリンスタンドで

バッテリー点検をこまめに

することがオススメです。

 

故障もそうですが、

エンストもよく起こりますよね?

→車がエンストした時の対処法は?

 
また、

いくら対策しても事故は

どうしても起こります。

 
冷静に対処するにはどうしたら良いでしょうか?

→高速道路で事故を起こした時の対応方法は?