この記事は約 3 分で読めます。

みなさんは車を運転する際に

タイヤのパンクを気にしているでしょうか?

 

意外と気にしていないけど、

実はパンク一つで命にかかわる

事故につながりかねないことです。

 

今回はそんな車のパンクした時の

対策や対処法について紹介します。

 

→バッテリー上がりの対処方法記事

→ガス欠の対処方法記事

スポンサーリンク

車のパンクが起こる原因とは?

車のトラブルで多いものに

タイヤのパンクがあります。

 

パンクが発生する原因には、

①路上にある釘やガラス片などの

鋭利なものがタイヤに刺さる

②タイヤの側面を縁石などでこする

③高速道路の走行で

タイヤに負荷がかかる

など様々なことでパンクします。

pannku

 

タイヤを交換するべきなのは、

①細長くタイヤが裂けた場合

②タイヤ側面に傷がついた場合

③タイヤに大きな穴が開いた場合

です。

 

また、

タイヤの内部にはカーカスコード

という繊維が編み込まれていますが、

これが変なちぎれ方をすると、

たとえタイヤに開いた穴が

小さくてもタイヤ交換をする必要があります。

 

カーカスコードが切れた場合は

タイヤが不自然にもりあがるので

見れば簡単に気づきます。

 

パンクは事前対策も大事なので

タイヤに違和感があったら、

すぐに交換しておきましょう。

 

できることなら

定期的なオイル交換時に

タイヤ点検もしてもらいましょう。
 

パンクしたら起こる危険は?

車がパンクした場合、

まずハンドル操作に違和感が生じます。

 

車体がフラフラして運転しにくくなり、

ハンドルを取られる感覚になります。

 

当然、高速道路でそんなことになったら

簡単に何人もの死傷者、重傷者を

発生させる大事故になります。

 

さらに、

空気の抜けたタイヤから

ペタペタという音が聞こえたり、

車体が振動を起こす場合もあります。

 

これはもパンクのサインなので、

気づいたらすぐに車をとめましょう。
 

スポンサーリンク

パンクが起きてしまった時の対処法は?

もし走行中にパンクしたら、

慌てずにゆっくりと車のスピードを落とし、

路肩に停めましょう。

 

パンク中急にブレーキをかけたり

ハンドルを切ったりすると、

車のコントロールを失い

事故になることがあるので危険です。

 

エンジンブレーキも活用して

速度を落とすようにします。

 

すぐ近くに駐車場があれば、

いったん入るのが安全です。

 

路肩の場合はハザードランプの点灯を

忘れないようにしましょう。

 

車を停めたらロードサービスに連絡します。

 

車にスペアタイヤを積んでいた場合は

その場で交換してもらえます。

 

パンク時スペアタイヤがなかった場合は、

近くの修理工場やタイヤショップに

搬送となります。
 

タイヤの交換を自分でするには?(動画有り)

自身でタイヤ交換する際には、

車を停めた場所が水平であるか確認します。

 

最低限必要な工具は

①車体を持ち上げるジャッキ

②タイヤ止め

③レンチ

です。

 

作業を行う際は怪我や汚れ防止のために

軍手の装着が望ましいでしょう。

 

以下が手順です。

  1. 交換するタイヤの対角の位置にタイヤ止めをして、
    車体を安定させます。
  2. 車の底面にくぼんでいる部分があるので、そこにジャッキをセットし、
    タイヤが地面から浮かない程度に
    車体を持ち上げます。
  3. レンチでタイヤのナットを軽く緩めます。
  4. ジャッキでタイヤを地面から少し浮かせ、ナットを外した後、
    パンクしたタイヤをスペアタイヤと交換します。
  5. ナットを軽く締めます。一つのナットを締めたら、
    その対角上のナットを締めるとタイヤが安定します。
  6. ジャッキで車体を降ろし、ナットを2、3回に分けて完全に締めます。
  7. タイヤ止めを外して完了です。

 

急に車がパンクしても、

落ち着いて対処しましょう。

◇参考動画:タイヤの交換方法(JIS規格編)

◇参考動画:タイヤの交換方法(JAFが教える)

 

関連しまして、

こちらも非常に重要な

トラブルの対策となりますので、

覚えておいて損はないです。

→バッテリー上がりした場合の対策や対処法は?

→ガス欠した時の対処法は?緊急時の対応も!