この記事は約 2 分で読めます。

どんどん便利になっている世の中ですが、

高速道路にも多くの便利な場所があります。

 

その中の1つである

「ドライバーズスポット」

という場所をご存知でしょうか?

 

「ドラスポ」と略されるほど、

人々の間で親しまれている場所です。

 

では、

ドライバーズスポットとは

どんな場所なのでしょうか?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

高速道路にあるドライバーズスポットって?

ドライバーズスポットは

サービスエリア内にあり、

①コインシャワー

②コインランドリー

③コインマッサージチェア

④仮眠ルーム

等がある場所のことです。

 

場所によっては、

お弁当を販売しているところや

温泉もあったりします。

 

温泉に行きたいけど

中々行くことが出来ない方には

とても嬉しいですね。

 

利用客に多いのが、

トラック運転手等の

長距離を運転する方が多いです。

 

長距離を運転する場合は

しっかりと休憩することも大切です。

 

また、

車中泊をする人や

長期間の旅行をしている人、

海水浴をしてきた人等にも

人気があるようです。

 

コインランドリーを利用することにより

荷物を減らすことが出来ますし、

海水浴後はシャワーを

浴びてさっぱりできます。

 

営業時間は10時~19時と

限られているところもありますが、

24時間営業のところもあります。

 

時間を選ぶことなく、

いつでも利用出来るのは便利ですね。
 

ドライバーズスポットの利用料金は?

ここで気になってくるのが

「利用料金」ですね。

 

場所によって差はありますが、

目安は以下の通りです。

◇コインシャワー

200~300円/10分

◇コインランドリー

洗濯機150~400円/回

乾燥機100円/30分)

◇コインマッサージチェア

200円/10分
 
料金
 
仮眠ルームは無料で

開放しているところが多いです。

 

温泉施設があるところも

入館料が必要となります。

◇温泉施設 

大人500~900円

小人100~400円

(深夜料金が発生する場合あり)

利用時間2~6時間

 

こうやって見てみると、

基本的にはリーズナブルな

料金設定となっていますね。

 

気軽に利用しやすいのではないかと思います。

 

また、

コインシャワーや温泉施設を

利用する場合、

販売品や貸し出し品があるか

の確認をお勧めします。

 

ある温泉施設では

バスタオル、パジャマ、毛布

剃刀、歯ブラシ、ヘアブラシ

が販売しており、

結構充実しているかと思います。

 

しかし、

あるコインシャワーでは

石鹸やシャンプー、

下着も販売していますが、

タオルは持参だったりします。

 

あらかじめ確認をしておく方が

良さそうですね。

 

そして、

コインシャワーはシャワーブースが

きちんと男女別になっており、

構造も場所によって様々です。

 

銭湯や温泉施設のような

皆で利用する脱衣所で服を脱いでから

各シャワーブースに入るところもありますし、

脱衣所から完全個室なんてところもあります。

 

人によって希望がある方も

いらっしゃるのではないかと思います。

 

いかがでしたか?

 

「ドライバーズスポット」は

思った以上に快適な場所と

思ったのではないでしょうか?

 

人によっては足を踏み入れづらい方も

いらっしゃるかもしれませんが、

ゆったりと休息が出来たり、

リフレッシュ出来る場所です。

 

必要になった時はぜひ気兼ねなく

利用してみてくださいね。