この記事は約 2 分で読めます。

燃費の良い運転方法とは

どのような運転の事を指すのでしょうか?

 

車好きな方は色々と考えて

運転していると思いますが。

 

しかし、

近所に買い物に行ったり

子供の送り迎え程度の運転にしか

車を使わない人にとっては

「?」な事ではないでしょうか?

 

そんな簡単に燃費を

向上することができるのでしょうか、

見ていきましょう。

スポンサーリンク

一般道で燃費を向上させる運転方法は?

・アイドリングストップを心がける

→効果小

これはよく聞く言葉ですね。

 

停止時や短時間の駐車時に

エンジンを切る事です。

 

最近の車には標準装備として、

自動でアイドリングストップがついてますが、

ついてない車は意識してやると良いでしょう。

 

・荷物を積み過ぎない

→効果中

車にたくさん荷物を積むと、

走り出す際に強くアクセルを

踏む事になります。

 

すると、ガソリンを多く

消費することに繋がります。

 

なので、

あまり多くの荷物を詰め込んだり、

摘みっぱなしにする事は避けましょう。

 

・エアコンを控えめにする

→効果大

車の中は当然、

夏は暑く冬は寒いです。

 

しかし、

エアコンに頼ってばかりいると、

ガソリンの消費が早く燃費が悪くなります。

 

窓を開けたりひざ掛けを使ったりと

工夫次第でエアコンを使わずとも

快適に過ごせる空間づくりはできます。

 

では、

一般道とは違い、

信号が無く速度制限もやや高めな

高速道路を運転する際の

燃費の向上について考えてみましょう。
 

スポンサーリンク

高速道路で燃費を向上させる運転方法は?

・空気抵抗を減らす

→効果小

スピードが速くなると、

その分空気抵抗を受けやすくなります。

 

これは高速道路特有の現象です。

 

みんなあまり大型バスや大型トラックの

後ろに付きたがりませんが、

実は空気抵抗が一番少ない場所は

大型車の後ろです。

 

前の車が風を直接受けてくれるので、

空気抵抗が減り燃費の向上となります。

 

ですが、

やはり高速道路で大型車の後ろを

走るのは多少怖さもあります。

 

その場合は車間距離を

少し多めに取れば良いでしょう。

 

空気抵抗は真後ろにいる場合より

多少減りはしますが、

安全も確保できるので

気持ち的に楽になります。

 

・前の車を追い越すのは下り坂が良い

→効果中

前の車に追いつくと抜かしたくなるのが

人間の心理です。

 

しかし、

この「追い越し」も場所を選べば

燃費の向上に繋がります。

 

上り坂で追い越そうとすると

スピードを上げて抜かす事になりますが、

下り坂で追い越す場合は

重力を利用できるので

少しアクセルを踏むだけで

スピードが上がり

ガソリンをそれほど使いません。

 

結果的に燃費を向上させる事になります。

 

・加速方法に気をつける

→効果大

高速道路では加速する箇所が多々存在します。

 

その都度アクセルを強く踏み込んで

ふかしてばかりいては

燃費が悪くなる一方なのをご存知ですか?

 

滑らかに加速し、

ブレーキを踏む回数を少なくする事が

燃費の向上に繋がります。

 

特に高速道路では効果が大きいので

一定のスピードを心がけましょう。

 

燃費が向上する運転方法は以上です。

 

エコにも繋がり一石二鳥です。

 

ただ車を運転する際は

一般道、高速道路を問わず、

自身の安全一番にを考えて行いましょう。