この記事は約 2 分で読めます。

‘高速道路’や‘有料道路’は

多くの方に利用されている道路ですね。
 

私達が思い浮かべる‘高速道路’には

高速自動車国道という正式名称があり、

有料道路には自動車専用道路という

正式名称があります。
 

本来、‘高速道路’という言葉は

高速自動車国道と自動車専用道路の

両方を総称した言葉です。
 
今回はそんな

高速道路と有料道路の違い

について紹介していきます。

スポンサーリンク

高速道路と有料道路の定義は?

高速自動車国道とは、

一般道路からの出入口が

インターチェンジに制限された道路

のことです。
 

この道路が作られた目的は

日本全国を太いパイプでつなぐ

骨格を形成することです。
 

この道路は

  • 東北自動車道
  • 中国自動車道
  • 東名高速
  • 中央自動車道
  • 常磐自動車道

等にあたります。
 

一方、自動車専用道路とは、

全国をネットワークとする

高速自動車国道を補完する為、

地域密着や観光要素を持つ場所に

設置された道路

のことです。
 

この道路の目的は、

一般道路のうち交通渋滞等で

流れの悪い場所を良くすることです。
 

この道路は

  • 首都高速
  • 阪神高速

 等にあたります。
 

どちらの道路も自動車のみ

通行することが可能で、

通行する為には通行料が必要となります。
 

このように共通していることもありますが

両者に違う点はあるのでしょうか?
 

高速道路、有料道路の特徴を

それぞれ見ていきましょう。
 

スポンサーリンク

高速道路と有料道路の違いは?

高速道路と有料道路の違いについて

分けて説明します。

<高速自動車国道>

  • 管轄する団体
  • NEXCO   
  • 地方道路公社
  • 国土交通省
  • 都道府県・市町村
  • 制限速度:
  • 最高速度100km/h
  • 最低速度50km/h:速度指定がない場合
  • 公共財としての性格:全国公共財
  • インターチェンジ:少ない
  • 道路の間隔:長い
  • 無料開放時期:
  • 全国の路線全体を同時に行う

  • 損失引当補填制度:なし
  • 建設の手続き:
  • 全国の路線全体で検討

<自動車専用道路>

  • 管轄する団体:地方道路公社
  • 制限速度:
  • 標識や表示で指定された速度で走行する必要がある

  • 公共財としての性格:地域公共財
  • インターチェンジ:多い
  • 道路の間隔:短い
  • 無料開放時期:路線ごとに異なる
  • 損失引当補填制度:あり
  • 建設の手続き:個別路線ごとに検討

 

ちなみに、

高速道路は軽自動車や普通自動車で

料金が違います。
 

どれくらいの料金の差が

発生するのでしょうか?
 
高速道路でありがちな違反や罰金
 

高速道路での料金の違いは?

普通自動車は

24.6円/km

の料金が発生します。
 

100km運転すると2460円。。。

こう考えると高いですね。
 

普通自動車を基準にすると

それぞれ下記のような料金です。
 

  • 普通自動車:1倍
  • 中型車:1.2倍
  • 大型車:1.65倍
  • 特大車:2.75倍

大きい車はとんでもない料金に

なるというわけです。
 

さらに、別料金で

「ターミナルチャージ」

というお金がかかります。
 

ターミナルチャージとは?

あまり聞いたことないかもしれませんが、

簡単に言うと

「インターチェンジや料金所の利用料」

になります。
 

値段は150円とそこまで高くはないですが、

必ずかかる料金です。
 

このように高速道路と有料道路では

様々な違いがあります。
 

制限速度においては把握しておかないと、

速度超過により罰金を課せられてしまったり

事故につながってしまうことも考えられます。
 

非常に大切なことです。
 

料金設定においても把握しておくに

越したことはないでしょう。
 

日頃の走行にはあまり違いを

認識していなくても支障がないこともあります。
 

そんな知っておくと得する情報もあるので、

読んでみて下さい。

高速道路でありがちな違反や罰金とは?

高速道路割引情報は?料金がお得?